4kaku design

マーケティングを勉強しているWebデザイナーのノート

全絵描きの憧れ(だと勝手に思っている)Wacomの液晶タブレット「Cintiq」を触る機会があったので、ちょこっと所感をしたためます。

「Cintiqってなんやねん」って方はこちらをご覧ください。ちなみに「シンティック」と読むそうです。
Wacom | Cintiq
こちらのコワーキングスペースで試し描きをさせていただきました。ヨドバシにも置いてあるけど、腰を据えて使うのはなかなか勇気がいるんだよね…。
basecampNAGOYA

使用風景とか


ベースキャンプの山本さんに使用風景を撮ってもらいました。

今回試させていただいたのは24インチ。
重量は28キロ。(小学校3年生の平均体重とほぼ同じ)
お値段は……原チャリが2台買えるそうです。
スタンドがついているので好きな体勢で描けますが、今回はトレス台っぽい角度にしてみました。

いきなり何描いていいかわからなかったので、ドリンクコーナーのカップを借りてきました。
ちなみに、ベースキャンプさんではおいしいコーヒーが淹れられるネスカフェバリスタが使い放題です。(宣伝)

円柱がうまく描けなくて教授に罵倒されたトラウマがよみがえりつつ、15分で描き上げたの冒頭のコーヒーカップです。
今更だけどスタンド部分めっちゃ歪んでますね。デッサンもうちょいがんばります。

Cintiq使ってみて、思ったこと

  • 視線がタブレットとディスプレイを行き来しない分、集中しやすい
  • 角度調整ができるので、首に負担がかかりにくい
  • 筆圧が強いと、思いのほかディスプレイがたわむ(設定次第で回避できそう?)
  • 24インチはしっかり設定しないと、接触面と描画が微妙にずれる

当たり前ですが、自前のintuos4(Sサイズ)より断然描きやすいです。
私は手首のストロークがものすごく短いんですが、それでもかなり描きやすかったのでストローク長めの絵描きさんならもっと有り難みが増すと思います。

「私も使ってみたい!」という方は…

来る6月2日日曜日、ベースキャンプさんでイベントをやります!
イラストレーターの日 | ベースキャンプ名古屋

Wacomから最新タブレット3種をレンタルして、使い心地を試してみよう!という企画です。
個人ではなかなか手が出ないお値段のものばかりなので、「俺弘法じゃねーから筆もツールも選ぶよ!」って方はぜひお越しください。
(この日はバイト店員としてお待ちしております!)