4kaku design

マーケティングを勉強しているWebデザイナーのノート

hetemlを使ってa-blog cmsを使っている場合、アクセス制限をかけるためのベーシック認証でつまずくケースがあるそうです。
今日はとっても簡単、ブラウザからベーシック認証をかける方法をご紹介します。


通常のa-blog cmsのサイトにベーシック認証をかける方法


ちなみに今回のテスト環境は以下の通りです。

  • a-blog cms Ver.2.1.1.1
  • PHP 5.4
  • MySQL 5.6

「アクセス設定」から設定する

管理画面の「コンフィグ」>「アクセス設定」>「ベーシック認証」から、ユーザー名とパスワードを設定することができます。これもとっても簡単な方法ですが、hetemlレンタルサーバーにインストールするa-blog cmsはCGI版なので正常に動作しません。
アクセス設定(ログイン可否、認証) | システム管理 | ドキュメント | a-blog cms 制作者向け情報

.htaccessを編集する

管理画面でできないならと、ベーシック認証の定番である.htaccessへの追記を試しました。これも今回の環境では成功せず。

さくらインターネットにベーシック認証をかける場合の話ですが、以下のブログを参考にしました。ありがとうございます。
さくらインターネットでベーシック認証する際の.htaccess | studio-c3


hetemlのベーシック認証は、コンパネの「アクセス制限」から!


.htaccessの設定になるとちょっと敷居が高く感じますが、実はコントロールパネルから簡単にアクセス制限をかけることができます。hetemlはa-blog cms を使うサーバーとしては色々と設定が必要な場合も多いんですが、やっぱり初心者にやさしいなあと感じるのはこういうところですね。

もちろん、CMSを使っていないサイトでもアクセス制限をかけられます。


今まで作ったアクセス制限も一覧で見られます


管理ページにログインし、サイドカラムのコントロールパネルから「アクセス制限」を選択します。私の場合は今まで作ったアクセス制限の設定がリスト表示されますが、初めてこの機能を使われる場合はリストには何も表示されません。「新規作成」の青いボタンをクリックしてください。



アクセス制限をかけたいフォルダ(ディレクトリ)の階層を入力し、ユーザー名とパスワードを入力すればアクセス制限の設定は完了です。認証フォームタイトルに日本語を入力することができますが、まず間違いなく文字化けするのでおすすめしません。
複数のユーザー、パスワードを設定することも簡単にできます。


当ブログのディレクトリ構造

hetemlレンタルサーバーのデフォルトルートディレクトリは/web/です。/web/以下はFTPクライアントを確認したりしつつ、CMSがインストールされているディレクトリ名を手で入力してください。これがGUIで選択できるようになったら便利なんですけどね。

これでhetemlにインストールしたa-blog cms サイトにベーシック認証をかけることができました。.htaccessを触るのにちょっと腰がひける人(私もそんな一人です)にはとってもらくちんでおすすめです。